逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)第8話感想ネタバレみくり&平匡さん

逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)第8話感想ネタバレ

みくりちゃんもも平匡さんもどっちも可愛い! 
心の声の演出や、みくりちゃんの妄想パロディ、平匡さんの同僚との軽快なやりとりが見ていて飽きません。
展開のテンポの良さが見やすくていいです。

舞台は横浜で、お洒落だけどみくりちゃんの服装が着まわしだったり、歯医者での治療に悩んだり見ているこちら側と共感できる部分も多いのが人気のひとつな気がします。
もちろんそこはテレビなので、住居やインテリアはちょっとお洒落すぎところもありますが(笑)

今後の展開としてひとつ。石田ゆり子さん演じる百合ちゃんと、大谷亮平さん演じる風見さんが最終的には結婚するのではないかと踏んで、2人のシーンになるとニヤニヤしてしまします。

逃げ恥自体は、やっぱり少し少女漫画的な綺麗さはありますが、
結婚、離婚、仕事と恋愛の両立、男女平等、ジェンダー、子育てetc…
私たちが普段、色々悩んだり考えたりすることがたくさん盛り込まれていて、
平匡さんの相手に拒否されるのが怖くてなかなか他者に踏み込めない心理や、
みくりちゃんの色んな計算してしまって、そこに引け目を感じてしまうところ、
百合ちゃんの結婚せずにキャリアを積んできた女性の生き方・・・
見ている人が登場する誰かしらに自分の今を重ねて少し考えてしまうのではないでしょうか。

と、真面目なことを書いてしまいましたが、それでもさらっと見れてしまう良い意味での軽さがこのドラマの魅力だと思います。

逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)第8話感想ネタバレ

平匡とみくりの大事件後からのスタートです。
2人共、いつも通りを装っていますが、少し前までの和やかムードが完全に消え去り、最初の頃の雇用主と従業員の関係の様な状態に戻ってしまい、観ている方が「その行動が逆におかしい」と感じてしまうほどです。
しかし、みくりの逃げ出してしまうほどの恥ずかしさは女性としては共感出来ます。
みくりが実家へ向かうバスと平匡が住まいへ帰るバスが一緒のシーンはこの回の象徴的なシーンの1つでしょう。
この回のみくりの妄想は、市議会議員とみくりの母達が繰り広げる「朝まで生テレビ」ですが、個人的には前回までのコスプレがあまりにも可愛いすぎたので、やや物足りなさを感じました。
そして、この回の見どころは、プロ男子の平匡と家庭的な日野、会社の内緒をいち早く感じ取った沼田、恋愛プロ男子風見のシーンです。風見の恋愛に関する持論は女性から見るとイラっとしますが、逆に反撃的発言をする平匡の言い分が際立ち、平匡の様な男性の方が表面的には何を言いたいのかわからないので一緒に過ごしづらいかもしれませんが、安心できるのではと感じてしまいます。
この回の最後の最後で平匡とみくりの心が通い合ったものの、安心できるかと思いきや、次回の予告で平匡の前に知らないちょっと美人が出現するらしいところで、終わってしまっているので、早く次週が来ないかワクワクします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました